ミラドライ 最新技術を用いた照射型のわきが治療方法

ミラドライ メスを使わないわきがの最新治療方法

いままでワキガ治療と言えば外科手術が一般的でした。

 

しかし、中には「いくらワキガを治すためとは言え、
体にメスを入れるのはちょっと…」と不安を感じる方が
たくさんいました。

 

そこで開発された最新ワキガ治療が『ミラドライ』なんです。

 

これは特殊なマイクロウェーブを患部に照射することによって、
メスを使わずにワキガを治すことができる最新医療技術です。

ミラドライの治療方法

ミラドライと呼ばれる医療機器をワキに照射することによって、

表皮を傷つけずに内部のアポクリン汗腺とエクリン汗腺を
焼いて除去することができます。

 

表皮も冷却することによって、腫れや炎症を最小限に食い止め、
すぐに日常生活に戻れる状態に回復させます。

 

この方法を用いれば臭いの元となるアポクリン汗腺と、
汗を出すエクリン汗腺の両方をを的確に除去することができます。

 

そして、個人差はありますが脱毛の効果も期待できるんですよ。

 

ミラドライのメリット

ミラドライの最大の特徴はこれまでのワキガ治療と異なり、
一切メスを使うことがないんです。

 

メスを使う手術はワキガと言えども難しく、
アポクリン汗腺を除去しきれない場合は、
失敗に終わることもあります。

 

術後はメスの痕も残ります。

 

しかし、ミラドライであれば、照射型の治療なので
痕が残ることがないんですね。

 

施術は約1時間で終わります。

 

これが外科手術となると、最大で4時間もかかる
ケースがあります。

 

施術時間が短いという点と、照射型という点は、
非常に優れているんですよ。

 

エステ感覚でワキガを治療できるところが、
気分も楽な点なんですよ。

 

また、治療後のダウンタイムも少なく、その日から
日常の生活に戻ることができます。

 

一方外科手術の場合は2〜3日は安静にしていなければ
いけません。

 

ミラドライのデメリットとリスク

導入からまだ日が浅く、症例数もまだ多くはありません。

 

実績からみる治療効果の確実性は、皮膚を切開し、
目視でエクリン汗腺やアポクリン汗腺を切除する
せん除法の方が期待できると思います。

 

また、費用が40〜50万円かかります。

 

そして、完全には、臭いを取りきれない場合があります。

関連ページ

クリニックを選ぶポイント
わきが手術を選ぶにあたって、大事なのはなんでしょうか?治療法、料金、保険の有無などもそうですが、一番大事なポイントなどを解説します。
わきがの外科手術
ワキガの外科手術の代表的な治療法は二つあり、 『クアドラカット法』と『剪除法』です。 詳しく説明します。
ボトックス注射
ボトックス注射とは、どういうものか、費用は、副作用は?気になる点を調べました。