わきがの外科手術クアドラカット法と剪除法

わきがの外科手術の代表的な治療法『クアドラカット法』と『剪除法』

外科手術の代表的な治療法は二つあり、

『クアドラカット法』と『剪除法』です。

 

クアドラカット法は、従来の超音波法・吸引法・イナバ式・
切開法などのワキガ治療とは異なり、腋のシワに沿って
皮膚を小切開(5〜6mm)し、そこから高速回転式TPS
シェーバーカニューレを挿入して、皮下のアポクリン腺や
エクリン汗腺・毛根を削りながら吸い出すことで
気になるワキガの臭いや汗の量を減らす最新ワキガ治療です。

 

 

ただし、クアドラカット法は保険の適用外のため、
剪除法と比べるとかなり割高となってしまうのが欠点です。

 

 

また、クアドラカット法はまだまだ実績が少ないため、
手術を施す医師の腕によって術後の効果の差が出てくる
ことも挙げられます。

 

なかなかネットの口コミや評判だけでは判断が難しいですが
よく医師とカウンセリングを行い、患者自身が、医師を
慎重に選ぶ必要があります。

剪除法(せんじょほう)のメリット

剪除法は古くから使われているワキガ、多汗症対策の一般的な

方法です。

 

近年次々と最新医療機器が出ている中、ワキガ、多汗症の
成功率や効果の程は、剪除法とほぼ変わりません。

 

そのことからも、剪除法はワキガ治療で最も信頼できる
治療法とも言われています。

 

剪除法は局部麻酔をかけたあとにワキを切開します。
そして、ワキガを発するアポクリン汗腺と汗を発する
エクリン汗腺をハサミで除去していきます。

 

レーザーやミラドライの場合は機械頼りなので実際に
汗腺が除去できているのかが分からないんですね。

 

剪除法では医師が一つ一つ汗腺を取り除くので
腕のいい医師であれば、一番確実に感染を除去してくれます。

外科手術のデメリット

傷痕が見える

外科手術の場合はどうしても傷痕が残ってしまいます。
これはクアドラカット法を用いても同じで、

 

剪除法よりは目立ちませんが、それでもじっくりみれば
分かってしまいます。

 

傷痕がはっきり分かると、自分がワキガと多汗症手術をしたと
公言するようなものですよね。

 

多汗症が治るとは限らない

剪除法は基本的にアポクリン汗腺を切除する治療法であり、
ワキガ治療が前提なんですね。

 

さらに、エクリン汗腺も切除することによって
汗もかかなくはなるんですね。

 

 

エクリン汗腺は腕利きの医師でも見落とすことがあり、
すべてを切除することは、相当困難です。

 

ワキガを治すついでに多汗症も軽減できるくらいに
思うましょう。

 

医師の腕に左右される

クアドラカット法と同様に、外科手術の場合は何よりも
医師の技術がとても重要なんですね。

 

信頼できるクリニックを、じっくり探すところから始めましょう。

 

術後の安静期間が長い

ダウンタイムとも呼びますが、術後は炎症を起こしたり、
腫れたりします。

 

また、数日間は肩を90度以上曲げることはできませんし、
3日間程度ガーゼで肩周りを圧迫するので痛みも伴うでしょう。

 

手術時間が長い

ボトックス注射であれば10分程度、レーザー治療や
ミラドライであれば1時間弱で治療を終えます。

 

しかし、外科手術となると最短でも1時間、長い場合は
4時間以上かかることもあります。

 

それだけ体力も消耗しますので高齢の方や15歳未満の
子どもは手術できない場合もあります。

 

原則は片方ずつ

原則は一回につき片側のみです。つまり、二回手術を受ける
必要があるんですね。

 

体力の問題もあり、どうぢても両ワキを同時に
手術したいのであれば、クアドラカット法を選んだほうが
いいでしょう。

 

もし剪除法で両ワキ同時に手術を望む場合は入院をする
必要も出てきますので、クリニックに確認しましょう。

関連ページ

クリニックを選ぶポイント
わきが手術を選ぶにあたって、大事なのはなんでしょうか?治療法、料金、保険の有無などもそうですが、一番大事なポイントなどを解説します。
ボトックス注射
ボトックス注射とは、どういうものか、費用は、副作用は?気になる点を調べました。
ミラドライ
いままでワキガ治療と言えば外科手術が一般的でした。 しかし、中には「いくらワキガを治すためとは言え、 体にメスを入れるのはちょっと…」と不安視される人も 大勢いました。 そこで近年開発された最新ワキガ治療が『ミラドライ』です。